サーフィン初心者からサーファーへ

サーフィンテクニック

基本テクニック編

中級者・上級者編は、こちらから

■パドリング■

ボードの上に腹ばいになって、両手で交互に水を漕いで、進みます。乗り位置と姿勢がポイントです。
ボードが思うように進まないときは重心を前後にずらして丁度よい位置を探します。 胸がボードにつかないように上体を反った形でパドルします。

■プッシングスルー■

小さな波を超えるときに有効なテクニックです。両腕をボードの上について、上体を起こして、ボードと体の間に波を通してやり過ごします。

■ドルフィンスルー■

大きな波、崩れそうな波や崩れた後の波に対しても有効です。
しっかりパドリングして勢いをつけて、両手でボードを水中に押さえ込み体ごと水中にもぐりこみます。このとき片足を使ってボードのテール部分も押さえ込みます。

■波待ち■

沖に出たときに、ボードの上に座って波を待ちます。
体力の温存、体温低下から守ることができます。最初はバランスがとれず波が来るとひっくり返りますが、しばらくすればできるでしょう。ポイントは力を入れすぎないこと足は巻き足でバランスをとることです。

■テイクオフ ■

パドリングで勢いをつけて、波の力をボードでうけとめることだできたら、ボードの上に立ち上がります。パドリングが弱いと波においてかれてしまいますし、バランスを崩すとパーリング(こけて)します。立ち上がったときに重心を低くひざをしっかり曲げましょう。

■プルアウト ■

ランディングをやめることをプルアウトといいます。
波が崩れてしまったり、他のサーファーがライン上にいて危険なときに沖側におりて危険を回避します。これができないのはブレーキのない車と一緒ですね、とっさのときにできるようにしましょう。

これができたら次は、こちらに挑戦してみましょう。

MENU
PICK UP

「中級者・上級者編」入り口

基本テクニック編の内容は、誰もが必ず行わなければならない内容です。

逆にいえば、これができるだけで、サーフィンができるということができます。

どのテクニックをするのにも、すぐにというわけには行かないと思います。

普段陸上で生活している我々にとっては海というのはフィールドが違うので、特にむつかしく感じるのかも知れません。

INFORMATION