サーフィン初心者からサーファーへ

波乗りまでの道

Step 4 「テイクオフと状況判断」

状況をみて、瞬時に判断しなくてはいけません。

テイクオフは、それまでの準備段階で、大きく成功率が、変わってきます。

■1.テイクオフ

■2.状況判断

これぞサーフィン!!

■1.テイクオフ

ボードが波に押されたら、すばやくボードに手をついて上体を持ち上げ一気に足を引き付けてボードの上に立ち上がります。

手をつく位置は、みぞおちとおへその間の辺りに手をつきます。

足は、前足がワックスの塗ってある場所、後ろ足はデッキパッドの上になります。

このとき、体が棒立ちになってしまわないように、しっかりと腰を落として、ひざを曲げた姿勢で滑ります。

ついつい足元を見てしまいますが、目線は遠くを見るように意識しましょう。

足の位置が中心からずれているとバランスを崩してしまって、ドッボーン投げ出されてしまいます。足元を見ないでも定位置に立てるようになればOKです。

■2.状況判断

テイクオフに必死になっていると、ついつい周りが見えなくなってしまいますが、
まず自分の進行方向を見極めることと、安全の確認をする必要があります。

進行方向は、波のピークが崩れていく向きを見極めて、
広がっていく方向になります。

ボードが斜めに進んでいくことになるわけです。

自分の乗りたい波であっても、すでにその波に乗っている人がいた場合や、自分の進行方向の先に、人がいたときには、その波をあきらめなくてはならない場合があります。

サーフィンの場合、先に波に乗った人に権利があるので、素直に譲りましょう。

体力の消耗も激しいので疲れてきたら、無理をせず一回あがって休憩しましょう。

次は、こちらへ STEP 5 「ラインディング&ターン」

MENU
PICK UP

Step1「海に入る前に」

Step2「テイクオフを目指して」

Step3「沖に出る、波を待つ」

Step4「テイクオフと判断」

Step5「ラインディング&ターン」

周りにも、同じ波をとらえようとしている人などもいると思うので、衝突事故などにならないように十分注意しましょう。

もし、迷惑をかけてしまったときは大声で「すみません」といいましょう。

海では意外と声が通らないので、かなり大きな声で言わないと相手に聞こえません。

INFORMATION