サーフィン初心者からサーファーへ

波乗りまでの道

Step 2 「テイクオフを目指して」

準備ができたからといって、いきなり、波に乗れるわけではありません。

人がやっているのを見ていると、とても簡単そうに、見えますが、実際はそんなに甘いものではありません。

■1.ボードの乗り位置

■2.パドリング

■3.波をすべる感覚

基本はしっかりと!!

■1.ボードの乗り位置

まず浜辺にボードを置いてみましょう。

真ん中に、縦のラインが入っていると思います、ここが体の中心にくればOKです。

次に前後の中心を見つけなければなりません。ボードの下に、何かものを入れて
バランスの取れる場所を見つければわかると思います。

この縦と横の交わるあたりにおへそがくるようにしましょう。

■2.パドリング

パドリングは、海に入っている間その大部分を費やす、といっていいほどの大事なポイントになります。これができないと何にもできません。

まず、海のうえでボードに乗ることができたら、そのまま背中をのけぞらせ、ボードと胸の間に空間を作ります。

そのまま左右のうでを交互にこいで、進む力にかえます。

このとき、胸がボードにつかないようにすることと、目線を遠くにおくことを意識しながらやってください。

実際に、波のあるところでやると、バランスをとるのも難しく、すぐにひっくり返ってしまいますし、うでや背筋も疲れてきてしまいます。

しかし、これができないと先に進めないので、しっかりと身につけましょう。

■3.波をすべる感覚

パドリングができるようになったら、波の力で進むことに挑戦です。

最初から、大きな波は無理なので、まずは弱めの手前のスープ状の波での練習がよいと思います。

岸の方を向いて、沖の方から波がきたら、それに合わせて、パドリングをします。
自分を波が追い越してしまったら、失敗です。

波がきたときに、スーと加速すれば波を捕らえたということですね。

パドリングが弱いと、波においてかれてしまうので、ここは、持てる力のすべてを出し切ってパドルしてください。

このときに、Step 4で出てくるテイクオフの練習をしておくと、上達が早くなります。

次は、こちらへ STEP 3 「沖に出る、波を待つ」

MENU
PICK UP

Step1「海に入る前に」

Step2「テイクオフを目指して」

Step3「沖に出る、波を待つ」

Step4「テイクオフと判断」

Step5「ラインディング&ターン」

ここからがいよいよサーフィンっぽくなってきました。

ボードの上でバランスを取れるようになってきたら、ゆっくりこぎだして見ましょう。

バランスをとるのも、パドリングも、無駄な力を抜くこと、これが重要なポイントです。

パドリングは本当にしんどく、腕がどんどん動かなくなってきます。

しかーし、サーフィンは、
「パドリングに始まり、パドリングに終わる。」といっていいほどパドリングをします。

とにかく、効率のいいこぎ方と必要な筋肉を鍛えること、そうすることで、よりいっそう、早く上達できるようになります。

INFORMATION