サーフィン初心者からサーファーへ

波乗りまでの道

サーフィンは、サーフボードにのって、波の力を使って推進力とし、波の斜面を滑るスポーツです。(知ってますよね、すみません)

しかし、ボードを海に浮かべてピョンと乗るわけにもいきません。

ここでは、準備→実践までの流れと、実践での行動を、
Step1~5で段階別に、説明してあります。

Step 1 「海に入る前に」

道具の準備については「道具の準備」を参考にしてください。

道具の準備ができたら、実際に海に行ってサーフィンをするしかありません。

海にいったらまず最初に必ずしなくてはならないことがあります。

■1.波の状態を確認する

■2.道具のセッティング&ストレッチ

準備は念入りに!!

■1.波の状態の確認

波のサイズや、ポイントを見てみましょう。

あまり大きな波のときに無理して入っても、何もできないまま体力だけ消耗して
終わってしまいます。

また、先に入っている人がいるときはその人の動きを見て、潮の流れなども見て
あまり早すぎる場合には、気をつけてください。

これらのチェックは、どんな上級者でも必ず行っています。

最悪、海難事故にもつながってしまうので、しっかりと確認することを
心がけましょう

最初のうちは、遠目にみて大丈夫と思っても、実際に入ったら、予想以上に波が大きかったなんてこともありますが、経験をつんでいくうちに、見る眼も確かなものになっていきます。

■2.道具のセッティング&ストレッチ

サーフボードにワックスを塗って、リーシュコードの確認。

ワックスは、ボードの前足が滑らないようにするために、塗ります。

慣れてくれば立ち位置も安定してくるので、狭い範囲でいいですが、最初は少し広めに、ボードの中央あたりに塗ります。

リーシュコードは、ボードのテール(後ろ)に紐を通す穴があるので、通します。

ウエットスーツや、ラッシュガード、カイパンに着替えたら、すぐに入りたくなってしまいますが、その前に、ストレッチ(準備体操)を念入りにやりましょう。

サーフィンに行くときは、朝が多いと思いますので、体をまず起こしてあげましょう。水も冷たいので、入って足がつってしまったなんてことになってしまいます。

次は、こちらへ STEP 2 「テイクオフを目指して」

MENU
PICK UP

Step1「海に入る前に」

Step2「テイクオフを目指して」

Step3「沖に出る、波を待つ」

Step4「テイクオフと判断」

Step5「ラインディング&ターン」

どんなスポーツでもそうですが基礎というのが1番大事になってきます。

基本的なことができているの人と、できていない人では、その後の上達のスピードにも影響してきます。

まずは、基本的なことをしっかりと身につけて、サーフィンを自分のものにしましょう。

サーファーの体を見てみると、筋肉がしっかりとついていますが、ムキムキの人がサーフィンをしているのではなく

サーフィンをしていると自然と必要な筋肉が鍛えられていきます

もちろんサーフィンにいくために日ごろから体を鍛えておくのはとても意味のあることだと思います。

INFORMATION