サーフィン初心者からサーファーへ

サーフィンの道具

道具の後片付け

■サーフボード■

サーフボードは、使用後ワックスを落として、砂や汚れをきれいにして保管します。

ワックスを落とすのには、ワックスを落とすためのヘラ、リムーバーを使用します。

ボードについた砂や塩水を真水で洗い流します。

水気をふき取って乾かしてケースにしまいます。

きれいにしないでケースにしまってしまうと、ハードケースの場合チャックの部分が塩でさび付いたり固まったりといったトラブルになることがあります。

もし、ボードに「ヒビ」や「亀裂」などの傷がついてしまっていたら、リペアしなくてはなりません。

そのままにしていると、水が入ってしまったり、傷が大きくなってボードがダメになってしまいます。

■ウェットスーツ■

ウェットスーツは使用後、水またはぬるま湯にて洗います。

大きめバケツや、オケなどの中で、ジャブジャブとゆすいでウェットスーツに入り込んだ砂を落とします。

洗ったら型崩れしないように、ハンガーにかけて陰干しします。ハンガーは肩の広いタイプがいいです。

熱いお湯を使うと、接合部分がとけてしまったりします。

きつく絞ると破れたりちぎれたりしてしまうので気をつけてください。

MENU
PICK UP

初心者と上級者、もちろん使うボードにも違いが出てきます。
自分にあったボードを選びましょう。

サーフィンで使う道具、それぞれの役目はもちろん、道具選びの際には特徴をおさえておくことがとても重要です。

自分の使いやすい道具を選ぶこと、スタイルに合わせた道具選びをすることが重要です。

サーフィンする場所は、シャワーなどの設備が整っている場所とは限りません。

そんな中でも、より快適に、便利にするためにも、ちょっとした工夫や、道具が必要になってきます。

INFORMATION